夏空…フジロック間近

梅雨時とは思えないほどの爽やかな快晴です。今年はカラ梅雨でしょうか? 青空と山の緑と白く輝く白樺を眺めていると、来るべき夏を予感します。 フジロックまでもう1か月。今年大物アーティストも多数出演のようで楽しみですね。 ≪緊急空室情報≫ ⓵男子相部屋に2名分の空きが出ました。3~4泊の連泊向き ⓶1部屋空きが出ました。3~4泊の連泊・3~4名様向きのお部屋です。 ご予約・お問合せは電話にて Tel 025-789-2160          

ハード系山菜採り

 これ‟根曲がりたけ”って言います。‟姫たけ”とも呼ばれるとか。 親指ぐらいの太さの細いたけのこです。たけのこの中でもその美味しさは絶品と言われているそうです。アクが無くてヤングコーンのような食感。梅雨のなか日ではありますが、幸運にも快晴の空のもと、‟苗場山たけのこフェスティバル”が開催されました。 こんな重装備で一体何処まで行くのかと言いますと・・・ 苗場スキー場の山頂行きのゴンドラでいざ出陣!山頂には絶景が待っていました。 このたけのこを採るには人の背丈ほどの笹林の中に分け入っていかねばならず困難を極めますが、それだけに喜びもひとしおの様子。初参加の我が宿のシニアのお客様方もキラキラと輝いておりました。 苗場山たけのこフェスティバルは毎年6月開催です。みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。              

春ですねえ~。

 3月末、雪が融け始め・・・目覚めるもの。    そして眠い犬‼ 春眠暁を覚えずですねえ。 やっとやっと桜も開花しましたよ。                

新年の始まり

2018年は大雪の幕開けとなりました。 8度目の冬を迎えましたが、良きスタッフにも恵まれて馴染みのお客様も随分増えました。 8年目の2018年は末広がりでまいります!みなさまよろしくお願いいたします。 看板犬のサンも戌年の年女。まだまだ元気で張り切ってます。    

同志とのお別れ

冬を前に長年過酷な環境で働き続けてくれたハイエース君とお別れすることになりました。 冬の三国峠は塩の道。凍結防止のために散布される塩化カルシウムで見事に錆びました。わずか5年で車体に穴があくほどに・・・。 峠のワインディングロードを事故無く走ってくれました。沢山のお客さんを運んでくれました。沢山の荷物を運んでくれました。 本当にご苦労様でした。 ありがとう!ハイエース君。

台風一過の雪景色

  10月末日、台風22号が過ぎ去った朝の苗場のゲレンデはうっすらと雪化粧をしていました。 天候不順・異常気象などと言われていますが、初雪のタイミングは毎年変わらない。 やっぱり雪は降るんですねえ。 紅葉のドラゴンドラの営業もラストスパート。 落葉が進んでちょっと景色は寂しくなりましたが、変わって雪を被った周りの山々の姿もお楽しみいただけることと思います。 そして早々にスキーシーズンのご予約いただいたみなさま、ありがとうございます。 みなさんにお楽しみいただけますように、今シーズンも張り切ってまいります!  

おでん屋さんオープン??

10/7・8・9の3日間、苗場がハーレーダビッドソン愛好家のイベント会場となりました。驚くほど沢山の個性的なバイクが集結。三国峠に鳴り響くエンジン音。ゲレンデにはキャンプをするライダー達のテントがいっぱい。バイクのパーツや革細工、シルバーなどの物販のお店やフードのお店も立ち並び、苗場のゲレンデは大変身。    大それたことに、全国各地から集まるフード出店のプロにまぎれて私達もおでん屋さんに挑戦しちゃいました。  色黒・サングラス・黒の革ジャンの男達。一見怖そうに見えるけど、みなさん陽気で会話もはずみ、楽しい夜となりました。 ツーリングの黒づくめのバイク集団と言うと今まで何となく近寄りがたかったけれど、すっかり親近感が湧いちゃいました。 フード初出店で不慣れな私達のお店ご来店いただきましたみなさま、ありがとうございました。  

Culb サンシャイン苗場

気持ちの良いお天気に恵まれました秋分の日の連休、サンシャイン苗場はCulbに変身! 音好きのみなさまが音響機材を持ち込んでのDJパーティーは夜通しで・・・。 都会の喧騒を離れて静かさを味わうことができるのが大自然。 それとは正反対に、思いっきり音を出せるのもこの大自然ならではですね。 こんな楽しい過ごし方を提案してくださったみなさま、ありがとうございました。2日間思いっききりの音を体感させていただきました。

嵐のlabyrinth

今年の音楽フェエス、ラビリンス2017は台風18号の接近で大荒れのお天気でした。 そんな悪条件にも関わらず苗場に、そしてサンシャイン苗場に足をお運びいただきまして、みなさまありがとうございました。イベントを満喫できたかなあ?今頃体調を崩していないかなあ?と気になるところではありますが・・・。 晴れれば夢見心地になるほど気持ちのいい苗場の山の自然を体感していただけなかったことが残念です。来年のラビリンスはお天気に恵まれますように! また来年も共にcrazy nightを楽しみましょう!  

夏の思い出と秋の空

9月1日、久しぶりにすっきりと晴れ渡った空に夏から秋への季節の入れ替わりを感じます。 山の緑もトーンダウン。秋の虫の音も日増しに大きく聞こえるようになってきました。 8月後半は梅雨に戻ったかのような雨続きのお天気でしたが、子供たちはキラキラと輝いていました。元気に館内を駆け回る足音や賑やかな声が聞こえなくなってちょっと寂しくなりました。 この夏、苗場を訪れた子供たち、新学期スタートの今日はみんな元気に学校に行ってるかな? またみんなに会える日を楽しみにしています。