4月の雪、雪花満開!

東京では桜が満開のようですが、こちらは雪の花が満開。 昨夜の雪が木々の枝に付いて、まるで真っ白な雪の花が咲いたようなきれいな朝です。 苗場の真冬の雪はパウダースノーで木の枝に留まることはあまりありません。 春先の湿り気を帯びた雪ならではの光景、そしてこの厳しい環境に暮らしているからこそ目にすることができる景色です。                                

4月初めの味噌づくり

関東では桜の季節のようですが、苗場はまだまだ1m超えの積雪です。スキー場もラストスパート! 月が改まって何となく気分一新。今シーズンのことを振り返ってみたり、来シーズンのことを考えてみたり。 そんな4月1日、毎年恒例の自家製味噌の仕込みをしました。今回はもオーナーも初参戦! 今年の仕込みは材料が貴重。自然栽培と言って農薬も肥料も使わずに作った大豆と、やはり自然栽培のお米で作った糀を使っています。ゆっくりじっくり熟成されて、来冬には美味しいお味噌に成長してくれるといいなあ。  

私、看板犬です。

申し遅れました。 私、ラブラドールレトリバーの ‟サン” と言います。 サンシャイン苗場の看板犬やってます。 昨年末に初めて家族と離れて入院生活をしました。 ちょっと心細かったけれど、知らない人に「いい子、いい子!」してもらう心地良さを知りました。 1月で11歳になりましたが、まだまだ元気です。 みなさんよろしくお願いします。

本格的な雪

2017年のスタートは少雪気味でスキーヤー&スノーボーダーのみなさんには少々物足りないものでしたが、1月半ばの大雪で景色は一変!4日間降り通しで家も車もすっかり雪で覆われてしまいました。 今日は久しぶりの気持ちいい快晴。ゲレンデに遊びに行きたい気分だけれど、まずは家や車を救出しなくては。そんな訳で残念ながら除雪に追われる一日となりました。    

今日はペンキ塗り

11月末日の穏やかな日、今日は屋根のペンキ塗りです。 青空と山の景色が気持ちいい! 冬の間、屋根に降り積もった雪がスムーズに下に滑り落ちるようにと雪国の人は冬前にペンキの塗り直しをするのです。これも大事な冬支度。 雪国で冬を越すということは、本当にいろんな手間がかかり大変なことですね。雪国に移り住んで丸6年、これから7回目の冬を迎えようとしている私たち。少しは雪国の人になったかなあ? いえいえ、まだまだ若輩者です。

冬じたく本番

11月初旬の寒波で平年並みに初雪が降り、雪囲いをする人、車のタイヤを冬用に交換する人の姿が目につくようになりました。今日は寒さも緩み穏やかな一日でしたが、夕方になると苗場のゲレンデにナイター照明が点灯されていました。ゲレンデも冬じたくで照明設備のメンテナンスでもしていたのでしょうか?初雪で積もった雪はすっかり融けてしまい雪景色ではないけれど、夜空を照らす懐かしい光にスキーシーズンの到来を実感しました。

ある~日、森の中~

つい先日、熊さんに出会てしまいました。人生2度目の熊との遭遇です。連れていた愛犬の黒ラブに驚いてすぐに逃げて行ってしまったので問題は無かったのですが、一人っきりだったらどう対処していいのか想像もつきません。 今秋はドングリや栗と言った山の木の実が不作なんだそうです。 去年の今頃を思い出すと、風に吹かれてドングリや栗の実が降ってきていたっけ・・・まさに天からの贈り物でした。今年は確かにいつもの散歩道に落ちている木の実が少ない、と言うかほとんどありません。頭上の木を眺めてみても実付きのなんと悪いことか。これでは熊さんも、お猿さんも、リスたちも大変です。 まもなく紅葉シーズン、山歩きが気持ちのいい季節となりますが、熊鈴や携帯ラジオなどの携行はお忘れなく。 ドラゴンドラの紅葉営業は 10/8㈯ 開始です。

小さなお客様

6月最後の週末のこと、訳あって3歳になったばかりの小さな小さなお客様がたったひとりで1週間のご滞在。一緒に子供の低い目線でものを見たり、虫を探して地面に這いつくばったり・・・。小さな彼に導かれ、こちらもじっくりゆったりと忘れかけていた幼き世界へといざなわれた1週間。これもまたどこか遠くへ旅するぐらいの非日常の体験でした。梅雨時の草木が驚くほどに伸びるように、今度会う時にはぐっと成長していることでしょうね。 素敵な時間をありがとう。 あなたの成長を楽しみにしているよ。

梅雨空の今日

6月末日、毎年恒例のフジロックフェスティバルまで1か月をきりました。私たちはお客様をお迎えする立場ではありますが、馴染みのあの方この方、お客様の顔を思い浮かべワクワクしています。                                      

みんなで春の味噌づくり

3月末日、料理研究家の方の呼びかけで沢山の親子連れが集い、お味噌づくり&雪遊びの楽しい集いとなりました。 そして私たちも、来シーズンのお客様のおもてなしのために近隣の仲間と共に手前味噌の仕込みにとりかかりました。大量なので何度かに分けて仕込んでいます。お味噌がおいしく食べられるのはまだまだ先のことですが、最近はお味噌づくりの副産物・大豆の煮汁のおいしさにすっかりはまってしまいました。スープや煮物に加えるととっても濃厚で甘いんですよ!