Monthly Archives: 11月 2013

11月のドカ雪

これは真冬の風景ではありません。 まだ11月の半ばだというのに一夜にしてこんなに真っ白な雪景色になってしまいました。 空はナマリ色、風も冷たいけれど、 ウサギのように新雪を蹴散らして進んでいく犬のサンの後について歩くのは何だか楽しくて、突然の雪景色もとてもきれいに感じられました。 思い出すのは冬の常連さんのあの顔この顔、スタッフとしてお手伝いに来てくれるあの人この人。 初雪の頃、いつもは長く厳しい冬を思って気が重くなっていたのだけれど、今日は何だかウキウキしている自分に気づきました。 苗場で迎える4度目の冬。11月の大雪と自分自身の心の変化に驚く11月13日です。  

我が家のド根性大根!

駐車場の片隅の草むらに驚きの物体を発見しました。 何で?どうして? こんなところに大根君。 畑で刈り取った雑草をこの辺に捨てたことはあったけど、いつの間にこんなに立派に成長したんでしょう。 まさに自然の恵みです。       今宵の夕食はサンマの塩焼き。 大根おろしにしていただくとしますか。  

過去と未来

10月末日、紅葉の風景を駆け抜けて古巣の愛知県常滑市へ向かいました。 常滑のお寺さん『大善院』さんのご厚意で境内に埋めさせてもらったタイムカプセルを引き取りに行こうと久しぶりに仲間と再会しました。 こんなに大きな木だったのでしょうか?『伊吹』と言う木だそうです。 この木の根元から出てきたものは1995年の自分。 「いつも今が最高!と思っていられるような生き方をしたい。」 常滑を離れて各地を転々とした後に苗場に住むことになりました。 自然が厳しい環境に移り住んでこんな所に来るんじゃなかったと過去を振り返ることも度々でしたが、もうすぐ4回目の冬を迎える2013年秋、この場所ならではの味わいをようやくみつけて今この時を楽しめるようになりました。いろいろ悩む日もあったけれど、18年前と同じ気持ちでいることができて良かった。この先もずっと同じ気持ちを持ち続けたいものです。 紅葉の季節。この木の葉が落ちればまた厳しい冬がやって来ます。冬が来ればまたたくさんの出会いがあるでしょう。4度目にしてやっと冬を楽しみに思えるようになりました。