畑のお引っ越し

フジロック、運動部の合宿と賑やかだった苗場も静けさを取り戻し、ちょっと寂しくなりました。季節はちょうど折り返し地点。日に日に涼しくなり、寒くなり、またあの厳しい冬へと向かって行くのかと思うと気が重くなりますが、少しずつ冬支度を進めていかなくては・・・。

冬のおもてなしに欠かせない白菜と大根の畑、今年はお引っ越しとなりました。

昨年までは群馬側に少し下った集落に畑をお借りしていました。この集落も高齢化、過疎化が進み、畑仕事をする人の姿を見かけることも少なくなりました。まるで集落が自然界に返されていくように、田畑は草むらになり、人通りの少ない農道や廃墟は草で覆われています。

猪や鹿や大敵のお猿さん除けに柵とネットで覆い、まるで檻の中で野菜を作っているような畑。それでももう何年もこの土地の恵みをいただいてきましたが、昨年はお猿さんにネットを食いちぎられるようになってしまいました。惨敗です。体ひとつで厳しい自然の中で生きている動物たちにはかないません。名残惜しいけれど、ここでの耕作はあきらめることにしました。今までの恩恵に感謝です。

お世話になった土地の恵みに感謝しつつ、更に下った所に新たな畑をお借りして、8月下旬からコツコツ準備を進めておりましたが、ようやく大根の種蒔きと白菜の植え付けにこぎつけることができました。宿からは遠くなりましたが、日当たり良好で水はけも良く、お猿さんも来ない好条件の畑です。

この土地の神様、どうぞよろしくお願いいたします。美味しい恵みをお与えください。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>