Tag Archives: ふきのとう

12月のふきのとう

季節はずれの暖かさでこんなものを発見してしまいました。   ふ・き・の・と・う ???  まぎれもなく、ふきのとう でした。 せっかちな子があまりの暖かさに勘違いして芽吹いてしまったようです。 毎年この時期は降り積もる雪に追われて冬支度も間に合わず、降らないで!降らないで!と祈っているのですが、今年は初めて、降っておくれ!降っておくれ!と願っています。 真っ白なゲレンデを楽しみにしているみんなのために、どうか雪よ、降っておくれ。        

今シーズンのお客様

寒暖の差が激しい3月、春になったり冬に逆戻りしたりを繰り返しています。標高1000mの厳しい冬の環境では水が液体として存在することが難しくて、水道の凍結も悩みの種。雪が水だって言う当たり前のことすら忘れていたけれど、近頃は雪融けの水の流れの音が日増しに大きくなってきてホットひと安心です。日なたの融けた雪の下からふきのとうが顔を出しました。嬉しい春の兆しです。 ゲレンデ初デビューの小さなお子さんから最年長は94歳の人生の大先輩まで、今シーズンも沢山のお客様との出会いがありました。お互い元気でまた再会できますことを楽しみにしております。 さてさて、もうすぐ子供たちは春休み。今度はどんな出会いがあるかな?

春一番の・・・

 長く厳しい冬を耐え抜いて生まれ出でたもの。  春一番のふきのとう。         春一番のタ・マ・ゴ   ちょっと変なかたち。  そして、春一番の作品たち。    

ふきのとう発見

今年は春が遅いようで、まだ水仙の花もつぼみのままです。もうすぐ5月だと言うのに時々雪もちらついています。一体いつまで降るのでしょうか。 でも雪が融けた場所から順番にふきのとうが顔を出しています。