Tag Archives: 雪国

芽吹きの季節

記録的な大雪の冬もようやく終わりを迎え、少しずつ雪融けが進んでいます。 雪の消えた所から草花の可愛らしい新芽が顔を出し始めました。冬が厳しいほど、春の喜びは大きいものですね。 草花の芽吹きに合わせて、冬の訪れと共に眠らせていた色々な構想が頭の中にも芽吹き始めました。 雪の降らない地方に暮らしていると日々の活動や思いは一年中継続しているけれど、雪国の暮らしでは冬の間休止せざるをえないことが多々あります。不自由ではあるけれど、春になって休止していたことを再開する時にはまた新鮮な気持ちで臨むことができるし、頭を休めることで新しいアイデアが生まれることもあるし、それはそれで悪いことばかりではないなあと思うようになりました         雪の下敷きになって壊れてしまったものがどれだけあるでしょうか? それだけが嬉しい春のちょっとした気がかりです。      

なかよしの木

カーテンを開けると外は雪国だった。     そんな朝をくりかえしながら、融け残った雪が少しづつ根雪となって真っ白な冬の景色へと近づいています。   宿の裏の林に前からずっと気になっている木があります。 白樺ともう1本は何の木でしょうか?抱き合うように支え合い、豪雪の冬も倒れることなく乗り越える2本の木。 眺める時の心境によって、夫婦、親子、友達同士・・・いろんなかたちに見えてくる。 そんな気になる2本の木です。