悲しみは感謝の気持ちに変えて

2021年、元旦早朝

長年、苦楽を共にし、私たちを支えてくれた看板犬のサンが天国へと旅立ちました。15歳目前でした。

体調を崩してから何も食べることができなくなっていましたが、それでも最後まで懸命に立ち上がろうとする前向きな姿には力をもらいました。最後の最後まで私たちを励ましてくれる存在でした。別れの寂しさはゆっくりと感謝の気持ちに変わっていくと思います。

可愛がってくださった皆さん、ありがとうございました。馴染みのお客様に見送られてサンも喜んでいることと思います。

異常気象、コロナウィルスの問題、不安要素の多い時代ではありますが、めげることなく前を向いていきたいものです。

明るい光が差しますように。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>