秋の空、そして冬の予感

雲ひとつない気持ちのいい秋空です。山の木々も色づきはじめ、美しい季節です。

今年は10月に入っても“夏日”という言葉を聞きました。あの真っ白な雪の季節などもう来ないのではないかと思っていたけれど、台風26号一過の10月17日朝、かぐら峰は薄っすらと雪をかぶっていました。初冠雪です。

どんなに夏が暑くても冬は確実にやって来るのですね。

青空に向かって大きく深呼吸。

やがて来る厳しい冬を乗り越えるために、今のうちにたっぷりと自然のエネルギーを体に蓄えておこうと思います。

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>